相続

法定相続

相続人全員の合意があれば遺言や法定相続分に従う必要はなく、相続人全員の合意があれば自由な方法で遺産の分割ができます。これが「遺産分割協議」と言われるものです。これらの取り決めがない場合に「法定相続」の方法をとります。

相続人の順位と法定相続割合

下表のように、相続人の順位が決まっており、配偶者は、常に優先される立場にあり、その後に第一〜第三順位と続きます。下表参照してください。

  1. 配偶者がいる場合
    配偶者は、子がいれば配偶者と子で相続割合は1/2ずつ、子がいなければ第二順位と相続割合は2/3と1/3、子も第二順位もいなければ第三順位と相続割合は3/4と1/4となります。
  2. 配偶者がいない場合
    子(第一順位)がいれば、第二、第三順位に関係なく子が全部を相続します。したがって、第一順位がいない場合には第二順位が、第一、第二順位がともにいない場合には第三順位が全部を相続することになります。

下表の相続順位と相続割合を確認してください。

遺言のないときの法定相続分

◇第一順位:直系卑属(子、孫、曾孫)

被相続人に子供がいる場合は、配偶者と子供のみが相続できます。子供がすでに死亡している場合には孫、孫が死亡している場合は曾孫が相続します。

◇第二順位:直系尊属(父母、祖父母)

被相続人に第一順位の子供が存在しない場合に相続人になります。子供が一人でもいれば相続人にはなれません。被相続人の父母が死亡している場合は祖父母が相続します。直系尊属には、養父母は含まれますが、継父母は含まれません。

◇第三順位:傍系血族

被相続人に第二順位の父母・祖父母が存在しない場合は、傍系の兄弟姉妹が相続します。兄弟姉妹がすでに死亡している場合はその子(被相続人の甥・姪)が相続(代襲相続)します。

◇被相続人に子供がいれば、その子供が第一順位となり、その相続割合は配偶者が半分、残りの半分を第一順位者の子供が相続します。子供が複数いる場合は、その半分を子供の人数で割ります。

◇子供に実子と養子がいる場合、民法上、養子には実子と同じ相続権がありますが、相続税の計算をする場合には、相続権のある養子の数は、他に実子がいるときは1人、実子がいないときは2人までと制限されています。 ◇認知されている非嫡出子の場合は、その相続分は嫡出子の半分になります。

子供が死亡している場合は、その子供(被相続人の孫)が代襲相続することができます。また、この孫を養子としていた場合は、養子としての相続分と代襲相続分を合わせて相続することができます。

◇胎児は、相続に関しては既に生まれたものとみなされますが、死産の場合は適用されません。相続税の計算をするときは、一応胎児を除いて計算をしておき、元気に生まれたとき、更正の請求などをして計算をやり直します。

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。