遺言

遺言と遺言の効力

「遺言」とは法律用語上は「いごん」と読み、一定の方式に従ってなされる遺言者単独の相手方のない意思表示です。

1.なぜ遺言が必要なのか?

もともと遺言する、しないは自由です。
しかし、遺言がないと遺産を法律的に平等に配分することになったり、あるいは相続人の間で協議することになりますが、これがかえって不平等になってしまうこともあります。
遺言によって、法的に相続の対象とならない方にも財産を贈ることで遺産全体の配分を調整することができるようになります。

2.遺言により発生する効力

遺言は遺言者の死後に効力を生じ、以下の法律上で認められる行為があります。

〜蠡海亡悗垢襪發
  • ある相続人に相続させない(相続人の廃除と排除の取消し)
  • 法定相続と異なった相続割合を決める(相続分の指定、指定の委託)
  • 遺産の分け方を決める(遺産分割方法の指定、指定の委託)
∈盪困僚菠に関するもの
  • 相続人以外の人に財産を譲ること(遺贈)
  • 遺言執行者の指定と指定の委託
  • 遺留分減殺(げんさい)方法の指定
  • 5年以内を限度とする遺産分割の禁止
  • 相続人相互の担保責任の指定
  • 特別受益の持ち戻しの免除
  • 団体への遺贈行為
  • 祭祀承継者の指定
  • 信託の設定 など
  • 生命保険金受取人の指定、変更
2搬牡愀犬亡悗垢襪發
  • 遺言による認知
  • 未成年者の後見人及び後見監督人の指定 など

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。