遺言

遺言執行者

遺言の内容をひとつずつ実現するには、それぞれに種々の手続や行為が必要になります。しかし、時として利害の対立などで困難になったり、専門的な知識が必要になったりします。
そこで、第三者の立場から遺言の内容の実現のため、手続や行為を実行する職務と権限を有するのが遺言執行者です。要は財産目録の作成をして相続人に交付したり、相続財産の管理の他、遺言内容の実行に必要な一切の権利義務を有す者のことで、行政書士など国家資格を有する者が担当することでトラブルを防げると考えられます。
さらに特定不動産を特定の人に相続させる内容の遺言があった場合、登記義務者は遺言執行者になるので確実に登記ができるなど、遺言内容の迅速な実現が可能となります。
遺言者は遺言で遺言執行者を指定できますが、指定されていない場合には、利害関係人は家庭裁判所に遺言執行者の選任を請求することができます。また、必ず遺言執行者を選任しなくてはならないわけではありませんから選任しない場合は、法定相続人全員で遺言の内容を実行することになります。

そして、遺言執行人がいる場合には、相続人は相続財産の処分、その他遺言の執行を妨げるような行為をすることはできません。
遺言執行者になれる人は、未成年者、破産者以外であれば、資格等制限はありません。

<遺言執行者の任務>

主な具体的任務は以下の通りです。

  1. 相続財産の調査・目録の作成
  2. 相続人全員への財産目録の交付
  3. 遺産の収集・管理・処分(債権債務の処理を含む)等
  4. 相続人・受遺者への相続財産の交付

<遺言執行者のできること>

(1) 身分についてできること

^筝世砲茲詛知 後見人の指定 8絽監督人の指定 た篦蠢蠡蛙佑稜兔・廃除の取消し グ筝声更埃圓了慊蠅隼慊蠅琉兮

(2) 財産についてできること

〆眞痛/誉瀘のために遺言で寄付行為をすること ∩蠡格の指定と指定の委託 0篁妻割方法の指定と指定の委託 ぐ篁妻割の禁止 ザζ荏蠡蛙祐屬涼簡歙嫻い砲弔い道惻┐垢襪海函´Π簑、負担付遺贈の受遺者が放棄した場合に指示すること、負担付遺贈の目的物の価格減少の場合について指示すること、遺贈の目的物の減殺比率の指示

(3) 民法に明示されていないが解釈上認められるものとして

〆怎承継者の指定 特別受益の持ち戻し免除の意思表示 J欷蔚蘯取人の指定または変更

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。