不動産売買

重要事項説明の重要性

トラブルの最大の原因は重要事項説明の理解不足

不動産購入の契約を結ぶときには、非常に多くの書類のやりとりをすることになり、ひとつひとつの書類を確認するのはとても重要で大切なことになります。
不動産売買をめぐるトラブルでは、契約締結当時の重要事項説明書に「説明を受けました」というサインが残されているにもかかわらず、「重要事項の説明を受けた記憶がない」 と答えるケースが実に多いといわれます。説明を受けているのにそのこと自体を忘れてしまっている、というケースがほとんどのようです。
このように不動産売買におけるトラブルに悩んでいる多くの方に共通しているのは、売買契約書や重要事項説明書などをよく理解せずに記名押印をしているということです。

業者としては買主の気が変わらないうちに、重要事項説明から売買契約締結まで一気に段取りを進めたいところでしょうし、契約者は慣れない行為に対する緊張感から言われるままに、サインをして印鑑を押してしまうのも仕方がないことかもしれません。

いずれにしても、不動産取引におけるトラブルの最大の原因は、売買契約書・重要事項説明書などの内容についての理解不足であることは明らかです。

業者に義務づけられる「重要事項説明」

不動産取引に関する法律となる宅地建物取引業法では、宅地建物取引主任者が、契約成立の前にその不動産に関する権利関係や法令上の制限、取引条件などの重要事項について、買主さんに書面を交付して説明することが義務付けられています。これが重要事項説明と呼ばれるものです。
ほとんどの不動産業者は、この説明を売買契約の当日に行います。これが昨今における不動産取引の慣行となっています。
そして多くの(ほとんど)場合、契約者はこれらの重要な書類を契約当日に初めて見ることになります。
宅地建物取引主任者が一方的に読み上げる専門的内容をすべて理解でき、かつ疑問点に対して質問までできるでしょうか?

特約や特記事項などあればさらに要注意

特約や特記事項などがあれば、さらに注意が必要です。これらの項目で納得できること、納得しなければならないことなどはともかく、少々疑問に思うこと、理解に苦しむことなどは十分な確認が必要です。
と同時に、「言った、言わない」のトラブルにならないように、記録されていない約束事はできるだけ書面に残すようにしなければなりません。

十分納得したうえで印鑑を押す

重要事項説明書はもちろん、売買契約書などの関連書類一式を事前に入手して契約締結までに十分理解しておくべきです。わからない部分はあらかじめ質問するなどして、説明内容の概略を理解しておけば、契約当日、実際に説明を受けるときに落ち着いて確認することができます。
そして、一生に何度もない大きな買い物である不動産の購入、十分納得したうえで印鑑を押すようにしましょう。

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。