不動産売買

不動産売買上のトラブル

不動産売買は、大きな金額の取引きですから、契約が成立して履行されるまでには各種の不安定な条件や要素があって、通常、それなりの時間を要するものです。とくにありがちな、金融機関から融資を受けるために予想外に時間を要したり、必要書類がなかなか揃わないなどのケースがあります。
実際の不動産売買では、通常、売買契約→物件の引き渡し/代金支払い→所有権登記 というような経過を経ますが、一般的な売買契約からその解除・取消に至るまで、下記のようなトラブルが生じやすいものです。

売買の成立に至るまでのトラブル

  1. いつまでも契約の締結ができないので、交渉打切りを通知したい
  2. 契約を断念せざるをえず、「売渡承諾書」や「買付証明書」の返還を要求する

売買の履行に至るまでのトラブル

  1. 契約解除の前に売買代金を請求する
  2. 売買代金未払により契約を解除したい
  3. 売主が登記手続きに応じてくれない

売買の解除・取消に関するトラブル

  1. 詐欺行為により売買契約を結ばされた
  2. 錯誤による契約無効を主張する
  3. 不動産に瑕疵があった

これらのトラブルはいろいろあるトラブルのなかの代表例で、実際にはさらに売主が本当の権利者ではなかったり、売主が二重に売買した場合など、さまざまな実例があります。
解決にあたっては、最初にしっかりと専門家の意見を聞き、状況によっては内容証明を送付することからスタートする場合もあります。

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。