家族

子の氏の変更

離婚とは、夫婦間の問題ですから、離婚によってその子どもの戸籍に変動は起こりません。たとえば、夫が筆頭者の場合であれば、離婚届によって子どもは夫の戸籍に残り姓も変わりません。
戸籍が動くのは妻だけですから、原則は旧姓に戻ります。
妻の選択肢は、下表のようにその戸籍から抜けて1人で新しい戸籍(姓は旧姓でも夫の姓でも可)をつくるか、自分の両親の戸籍に戻るかできます。
親権者がどちらになろうとも子どもの戸籍は夫の籍と姓のままですが、下表のようなケースによっては、「子の氏の変更」申立てにより、子どもに母親と同じ氏を名乗らせることができたりしますので参照いただきたいと思います。
一度父親の姓を名乗っていても、子どもが15歳以上になれば、子どもの側から再度氏の変更ができるようになります。

重要なことは、離婚に際し、子の氏について一時の判断ではなく、どうしたら子どものためになるかを第一に考え判断すべきでしょう。子の氏の変更には期限の制限はないのですから…

離婚後の母親の状態 子どもの子の氏の変更(籍の変更)とその後の流れ
(A) ・子どもは15歳未満
・母親が親権者、かつ旧姓に戻る
・自分の籍に子どもを入れたい場合
〔子の氏の変更 審判の申立〕
家庭裁判所に子の氏の変更許可申立てを行う。
       ↓
家庭裁判所の許可審判書の謄本と子どもの入籍届を市区長村役場に提出すればよい。
(B) ・子どもが15歳未満
(1)母親が親権者でない
(2)子どもが監護者の母親に同居していても、親権者の父親が審判の申立てに応じてくれない場合
〔母親の側から、上記の審判の申立はできません〕
※申立てを可能とするためには、親権者変更の審判申立てを先に行い、その許可を得るてから上記の方法がありますが現実は難しいでしょう。
(C) 上記で、母親が親権者でなくても、子どもが15歳以上の場合 子どもが15歳以上となり、旧姓に戻ることを希望すれば、本人の意思で戸籍と姓を選択(戸籍と姓の変更の許可の申立て)することができます。

※上表は、戸籍の筆頭者を男性とした内容になっています。

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。