ストーカー

法的手続きの手順

警察にストーカー被害を相談

下図のような仕組みで相談や申し入れができます。
ストーカー行為に対しては、警察に告訴すれば、警察による捜査、検挙、処罰の流れとなります。

緊急に対策が必要と考える場合

1.ストーカー行為によりかなり被害を受けている
  1. 専門家・相談機関(弁護士・司法書士・行政書士、相談機関)に相談する。
  2. 告訴状を作成し警察に提出する。
  3. 警察が捜査のうえストーカー行為があれば、検挙、処罰。
2.犯人の氏名や住所がわかる場合
  1. 専門家・相談機関(弁護士・司法書士・行政書士、相談機関)に相談する。
  2. ストーカー行為を止めないと刑事告訴をするという内容証明を送る。
  3. ストーカー行為を止めなければ告訴状を作成し警察に提出する。
  4. 警察が捜査のうえストーカー行為があれば検挙、処罰。

慎重な対応が必要と考える場合

1.元恋人や元夫がストーカー犯の場合
  1. 専門家・相談機関(弁護士・司法書士・行政書士、相談機関)に相談する。
  2. 第三者を交えての話し合いができれば話し合い、ストーカー行為を今後行わない旨の誓約書を取る。
  3. 話し合いに応じない場合は、ストーカー行為を止めないと刑事告訴をするという旨の内容証明を送る。
  4. 内容証明を送っても行為が続くようなら、警察に具体的に相談する。
  5. 警察が捜査のうえストーカー行為があれば検挙、処罰。
2.まだ被害を受けていないが身の危険を感じる場合
  1. 専門家・相談機関(弁護士・司法書士・行政書士、相談機関)に相談する。
  2. 警察に援助の申出をし、いままでの経緯をよく説明する。
  3. 状況によっては、警察が捜査のうえストーカー行為があれば検挙、処罰。

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。