著作権

使用許諾契約書

「著作権使用許諾契約書」として、汎用的な書式を以下に掲出します。

・著作権使用許諾契約書 書式一例

ソフトウェア使用許諾契約書

ソフトウェアには「使用許諾契約書」がついていますが、ほとんど目を通さずにすましていることが普通かもしれませんが、以下のような基本となる事項について記載されていますので、ソフトを購入した際は、必ず内容を確認した上で使用する必要があります。

著作権者(ソフトウェア開発者等)は、利用者(ユーザー)に対し、不当な拘束を課さない限り、著作物の利用等に関する取引条件を自由に決定できます。ユーザーはその取引条件に合意することで、ソフトウェアを使用するライセンシーとしての地位を得るわけで、契約内容に拘束されます。このような使用内容を確定する条件を使用許諾契約といい、それが書かれた書面を、使用許諾契約書といいます。

パッケージソフトウェアの場合、実際に対面して契約することは困難ですので、普通は商品外箱に印刷したり、パッケージ内部に添付されています。

内容は、「第三者への貸与禁止」「LAN上での使用方法」等、そのソフトウェアの具体的な使用方法が明記されている他、商品に瑕疵(かし)があった場合のメーカーの対応等についても記載されていることが多いようです。

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。