法人設立

株式会社設立の流れ

(発起設立の場合)

株式会社の設立方法には「発起設立」と「募集設立」の2つの方法があります。
株式会社を設立する計画を立てて手続きにあたる人を発起人といい、「発起設立」とはこの発起人だけが株主となる形態です。中小企業の場合はほとんどが発起設立で設立されています。
※「募集設立」の場合には発起人以外にも株主となる人を募集して会社を設立する形態です。

発起設立

(現物出資・財産引受が無い場合)による株式会社設立の流れは以下の通りです。

定款の作成
定款の認証
発起人による全株式の引受
株式払込金の払込(出資の履行)
取締役会を設置する場合には発起人が取締役と監査役を選任し、
取締役会を開催して代表取締役を決定する
取締役・監査役による設立手続きの調査
設立登記
会社設立完了
税務署へ法人設立の届出
公共職業安定所への届出(従業員がいる場合)
労働基準監督署への届出
社会保険事務所への届出
営業許認可取得・登録の申請

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。