信頼できる専門家

2020年度

令和2年06月30日

あおり運転で捕まらない呪文? 「0102」とは

あおり運転罰則強化 1回で免許停止

きたる6月30日より、「妨害運転罪」を規定した改正道路交通法が施行され、あおり運転の罰則が強化されます。

一般道では、
3年以下の懲役または50万円以下の罰金
高速道では、
5年以下の懲役または100万円以下の罰金
加えて、行政処分としては、1回の違反で即免許停止となります。

一般道の場合は、
違反点数が25点 運転免許の再取得ができない欠格期間は2年
高速道では、
違反点数が35点 運転免許の再取得ができない欠格期間は3年
これは酒酔い運転、酒気帯び運転と同等です。

法律では定義されていない車間距離

ただ、あおり運転で心配なのが、知らずに違反をしていることです。実際に道路を走っている人であればドライバーの自分ルールはさまざまであることを知っていることでしょう。
自分では当たり前のように走っているつもりでも、あおり運転になっているかもしれません。ドライブレコーダーが普及している現在、そんな意図はなかったと主張しても逃れることは難しいでしょう。

そこで、参考になるのが、埼玉県が、提唱している0102運動です。
安全な車間距離というのは、速度によって異なります。代わりに2秒の車間距離を空けようという発想です。
前の車が目印となる場所を過ぎた時から、「ゼロ イチ ゼロ ニ」と数え、数えおわるころに同じ場所を通り過ぎれば、2秒以上の車間距離があることになります。
実際に、2秒の車間距離は、時速40キロなら20メートル、60キロなら30メートルほどになります。

「ゼロ、イチ、ゼロ、ニ」で、余裕をもってドライブしましょう。


書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。