信頼できる専門家

2021年度

令和3年05月26日

100均エンディングノートの実力は?

法的効力を持たないのがエンディングノートだが

「もし、このまま死んでしまうことになったら」
年齢に関係なく襲いかかるコロナ禍に、そんな想像がよぎった人も多いのではないでしょうか。
やりかけの仕事、あとに遺す家族のこと、集めたコレクションの行く末、はてはペットの世話まで。
顧みれば、自分ではわかって、できていることを、誰かに任せることができるようにするのは大変です。



いまでは終活のツールとしてポピュラーになったエンディングノートですが、これまでは高齢者のものというイメージがありました。ところが、コロナ禍によって、幅広い年代の人びとにも必要とされるグッズになりました。

ついには、100円均一のショップを全国に展開しているダイソーが「もしもノート」の名でエンディングノートを販売するにいたっています。

法律的観点で言えば、定まった書き方で作成した遺言書でなければ効力を持ちません。ただ、遺言書をつくるにしても、財産に関してなど情報の整理が必要です。また遺言書では、延命治療についての意思表示などはできません。

どんな事態を想定し、自分として譲れない点はどこか。そうした自分の思いを明確にするためにも「もしもノート」などの活用をしてみてもよいでしょう。

DAISO「もしもノート」にはどんな記入項目があるか
 ●プロフィール
 ●マイ・ヒストリー
  ・住んでいた場所を区切りに家族の思い出や人との出会いをふり返る
 ●ルーティン
  ・1週間、年間のやっていることリスト
 ●お気に入り
  ・お店、趣味など好きなことリスト
 ●ライフラインのこと
  ・公共料金、家賃、銀行口座情報の記入欄
 ●クレジットと電子マネーのこと
 ●パスワードやIDのこと
  ・身分証明書の番号
 ●健康のこと
  ・かかりつけ医、薬のリスト
 ●連絡先リスト
  ・親類・友人のリスト 緊急時の連絡する、しないのチェック欄付き
 ●もしも.....のときのこと
  ・代わりに治療方針を決める人、回復がのぞめないときの意思について
  ・パソコンやSNSの処分方法
  ・葬儀、お墓のこと

 *医療保険、生命保険についての記入欄(証券番号や連絡先)が設けられていない点には注意が必要です。

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。