二次相続税額計算シミュレーション

一次・二次相続税額と相次相続控除を計算するシミュレーションです。
※相続人の子供がいることが前提です。

AからDに数値を入力し、最後にのボタンをクリックすると相続税額が計算されます。

A.課税価格の合計額を入力 万円
<相続のかかる財産の合計を入力して下さい>
※(相続財産+みなし相続財産-非課税財産-債務控除額+贈与財産)
B.配偶者の独自財産を入力 万円
<一次相続以前に配偶者がもともと所有している財産を入力して下さい>
C.配偶者の相続割合を選択
<下記から割合を選んでボタンを押してして下さい>
 0% 10% 20% 30% 40%
50% 60% 70% 80% 90% 100%
D.子供の人数を入力
<養子も含め相続人となる子供の人数を入力して下さい>

以上で、入力終了です。“計算する”ボタンをクリックすると、下に結果が表示されます。

計算結果

一次相続時の相続税内訳
配偶者の相続税額 子供全体の相続税額 一次相続税額の総額
万円 万円 万円
二次相続時の配偶者の遺産総額
配偶者の相続額 配偶者の独自財産 一次相続時の相続税額 配偶者の遺産総額
万円 万円 万円 万円
経過年数 一次相続税額(a) 相次相続控除額 相次相続控除後の
二次相続税額(b)
相続税額の合計(a)+(b)
 1年 万円 万円 万円 万円
 2年 万円 万円 万円 万円
 3年 万円 万円 万円 万円
 4年 万円 万円 万円 万円
 5年 万円 万円 万円 万円
 6年 万円 万円 万円 万円
 7年 万円 万円 万円 万円
 8年 万円 万円 万円 万円
 9年 万円 万円 万円 万円
10年 万円 万円 万円 万円

注意事項

  • 相次相続控除は、「配偶者の相続税の軽減」等で納税がなければ0になります。(控除はありません)
  • 未成年者控除、障害者控除、贈与税額控除等の減額は計算に入れておりません。
  • 法定相続人に含める養子数は、被相続人に実子がいる場合1人まで、被相続人に実子がいない場合は2人までです。

書式及び参考資料

注意事項

利用者の皆様に提供する回答は、弁護士の法的助言にかえることはできません。あくまで、ご自身の判断の一助にしてください。